日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

5-8.補助元帳

補助元帳も、総勘定元帳と同様に補助科目ごとの取引の履歴を確認するため、会計業務において重要な書類となります。
 
① 会社トップ画面の[補助元帳]をクリックします。
 
②「補助元帳」画面が表示されます。
 
③ 表示条件を設定し [表示] ボタンをクリックすると、条件に合った補助元帳が表示されます。
「補助元帳」画面
 
【補助元帳 設定項目】

項 目

説 明

会計単位

会計単位を登録している場合は、仕訳データを登録している会計単位を選択します。登録していない場合は、[全社] が選択されています。

部門

部門機能を利用している場合は、仕訳データを登録している部門を選択します。
登録していない場合は、「指定なし」が表示されます。

勘定科目

勘定科目選択します。

範囲指定はPDF出力を行う場合に指定できます。
画面に表示する場合は、1勘定科目ごとに表示されます。

補助科目

補助科目選択します。

範囲指定はPDF出力を行う場合に指定できます。
画面に表示する場合は、1補助科目ごとに表示されます。

年度

表示する年度と月の範囲を指定します。

計上種類

[月次] [中間決算] [期末決算] [全件] のいずれかを選択します。

消費税

[税抜集計] か [税込集計] を選択します。

PDF出力条件

PDF形式で出力する場合に選択します。

[月毎改ページ]

月がかわる毎に改ページして出力します。

[仕訳がある科目のみ出力]

仕訳データが入力された科目のみを出力します。

 
④ 仕訳データの内容を確認するには、[仕訳番号] をクリックすると「複合仕訳入力」画面が表示されます。
また、「複合仕訳入力」画面で仕訳データの登録・変更・削除をすることもできます。
 
⑤ 「PDF出力」ボタンをクリックすると、「補助元帳」が [PDF形式] で作成されます。
補助元帳