日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

6-3. 標準報酬月額の改定(定時決定)

標準報酬月額の定時決定で必要となる「被保険者報酬月額算定基礎届」を作成します。
被保険者報酬月額算定基礎届を「PDF形式」で出力します。
 

1.標準報酬月額の集計

① 【書類】の上にマウスを移動し、[標準報酬月額の改定]をクリックします。
 
② 「標準報酬月額の改定」画面が表示されますので [定時決定] タブをクリックします。
「標準報酬月額の改定」画面
 
③ 改訂年月を選択します。
 
④ [集計] ボタンをクリックします。
 
⑤「標準報酬月額の改定」画面が表示されます。
「標準報酬月額の改定」画面
 

2.従業員の情報編集

① [編集]をクリックします。
従業員の情報編集
 
② 「情報編集」画面が表示されます。
 「情報編集」画面
 
③ 入力、選択が終りましたら [保存] ボタンをクリックします。
 
④「保存」画面に 手修正済 と表示されます。
「情報編集」画面
 
【情報編集 設定項目】

項 目

区分

説 明

支給月

表示

計算対象

選択

総計の計算対象とする場合は [] を入れます。対象から外す場合は [] を外します。

基礎日数

入力

被保険者区分が一般の場合は暦日数を入力します。
もし欠勤日数分の給与を差し引く場合は、就業規則等で定められた日数から欠勤日数を除いて入力します。
被保険者区分がパートや短時間労働者の場合は、出勤日数等を入力します。

通貨による額

昇給でさかのぼった支払いがあるなど、金額を変更する場合に入力します。

現物による額

合計

表示

通貨による額 + 現物による額。

総計

計算対象の [] が入っている月の合計の集計。

平均額

総計 ÷ 計算対象の [] が入っている月数。

修正平均額

入力

任意で入力します。

従前の標準報酬

選択

従前に設定されている標準報酬月額を変更する場合、標準報酬月額等級表」のリンクから選択します。

従前の改定月

前回行われた標準報酬月額の改定月をリストから選択します。

昇(降)給

昇給または降給が行われた月とどちらが行われたかをリストから選択します。

遡及支払額

選択
入力

遡及分の支払いがあった月をリストから選択します。また、その月に支払われた遡及差額分の金額を入力します。

備考

該当する項目に [] を入れ、必要に応じて説明を入力します。

 

3.標準報酬月額の再集計

① [再集計]ボタンをクリックします。
標準報酬月額の再集計
 
②「再集計の確認」画面が表示されます。
「再集計の確認」画面
 
③ [再集計] または [キャンセル] ボタンをクリックします。
 

4.標準報酬月額の印刷

① [PDF出力]ボタンをクリックします。
標準報酬月額の印刷
 
②「被保険者報酬月額算定基礎届」を [PDF形式] で作成します。
  ※ PDFファイルの名称:被保険者報酬月額算定基礎届.pdf
被保険者報酬月額算定基礎届