日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

4-2. 税額の記入

所得によって税率が異なる

課税対象となる所得額がわかったら、実際に払うことになる税金の額を計算します。

税率は所得金額によって違いますので、下の表を参照して計算してください。

 

◯課税される所得金額に対する税率と控除額

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
33万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え 4.000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

 

 

実際に支払う所得税額を計算する

たとえば、課税対象になる所得金額が3,007,000円だった場合、上の表の1,950,000円以上3,300,000円未満にあたるので、税率10%、控除額は97,500円です。計算すると以下のようになります。

3,007,000円×10%-97,500円=203,200円

同じように、課税対象になる所得金額が8,533,000円だった場合は、上の表の6,950,000円以上9,000,000円未満になるので下のようになります。税率23%、控除額は636,000円です。

8,533,000円×23%-636,000円=1,326,590円

 

計算した税額の記入のしかた

計算した税額は以下のとおりに記入します。

 

keisan4

 

■分離課税の対象となる所得があり、第三表を使う場合

分離課税の対象となる所得があった人は、対象となるもの一つひとつに対して税額を計算しなければいけないため、もう少し複雑になります。

 

第三表の記入のしかた

確定申告書の第三表に記入する場合は、分離課税の税額を計算したあと、(86)「(78)から(85)までの合計」に税額の合計額を転記したうえ、第一表の(27)「上の(26)に対する税額又は第三表の(86)」にも転記します。

 

4-2 p.2第一表