日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

4-2.元帳入力

③ 条件を指定したら[一覧表示]ボタンをクリックします。
選択した科目に対応した仕訳および残高金額が表示されます。
表示される仕訳は1画面10行ですので、10行目以降を表示する場合はスクロールするか[ページ] ボタンをクリックします。
仕訳データの新規入力
 
④ 入力データのない明細欄の日付をマウスなどで選択します。
日付欄にカーソルが表示されます。
年と月は、年度と月タブの選択により設定されていますので、日にちを数字で入力します。
入力したら [Enter] キーを押します。
仕訳データの新規入力
 
⑤ 科目欄に移動し、相手勘定科目のコード番号を入力します。
科目コードが分からない場合は、「科目」欄にカーソルがある状態で[F1:検索]ボタンをクリックします。
選択はマウスで直接クリックするかキーボードから、[F1]キーを押します。
 
⑥ 「科目コード検索」画面が表示されます。
画面で科目コードを入力して選択したい勘定科目を検索することができます。
番号を入力すると自動的に勘定科目が抽出表示されます。
 (たとえば「61」まで入力すると、科目コードの先頭が、「61」の科目コードの先頭にカーソルが移動します)
選択したい勘定科目に矢印キーなどで選択すると青く反転表示されます。
[Enter] キーを押すと、科目欄にコードと勘定科目名称が表示されます。
仕訳データの新規入力

 

⑦ 選択した勘定科目に補助科目が登録されている場合は、補助科目欄に移動します。
勘定科目の操作と同様に補助科目コードを入力します。
補助科目コードを一覧で参照したい場合は、[F1:検索]ボタンで勘定科目と同様に検索することができます。
検索した補助科目を青く反転表示させ、 [Enter] キーを押します。
補助欄にコードが表示されたら、[Enter] キーを押します。
仕訳データの新規入力
 
⑧ 摘要欄に移動します。
部門を指定する場合は、[Shift] + [Tab] キーを押すと部門欄に移動します。
 
部門の必要がなければ、そのまま摘要を入力します。
左の摘要コードの入力欄で摘要コードを入力することで登録された摘要を摘要欄に自動入力することができます。
([F1:検索]ボタンで検索入力も可能です。)
また、右の摘要欄では手入力で摘要を入力することができます。
摘要の入力が終了したら、[Enter] キーを押します。
仕訳データの新規入力
 
⑨ 金額欄は「借方金額」欄と「貸方金額」欄があります。
相手科目の貸借区分によって「借方金額」が「貸方金額」に金額を入力します。
相手科目に課税科目を選択している場合は、消費税欄に消費税額が自動計算されます。
消費税額を変更したい場合は直接変更します。
また、消費税区分や計算区分を変更する場合は、直接選択して変更します。
仕訳データの新規入力

 

「パターン登録」について
この機能を使用することで、登録している仕訳をパターンとして登録することができます。
 
① パターン化したい仕訳を入力し、 [パターン登録] をクリックします。
 
② パターン登録画面が表示されます。パターンコードとパターン名称を入力し [F12 登録] ボタンをクリックします。
 
入力頻度の多い取引仕訳のパターンを登録しておき、仕訳データ入力時に呼び出すことにより、入力の手間を省略できます。
定型取引や給与の仕訳など頻繁に使用する取引を仕訳パターンとして登録しておきます。

 
⑩ 消費税額欄で [Enter] キーを押すと、入力した仕訳データが登録され、次の新規行にカーソルが移動し、新しい仕訳番号が採番されます。また、残高金額が自動計算され表示されます。
元帳入力でも複合仕訳入力と同様に付箋を入力することができます。
仕訳データの新規入力
 
⑪ 続けて仕訳データを入力する場合は、③~⑩の操作を繰り返します。
 

[行コピー] と [行貼付] について
この2つの機能を使用することで、別の行の入力内容をそっくり他の行へコピーすることができます。
 
① 初めにコピー元の行を選択し [F4] キーか、 [F4 行コピー] ボタンをクリックするか、[CTL]+[L]キーを押します。
 
② 次にコピー先の行を選択し [F5] キーか、 [F5 行貼付] ボタンをクリックするか、[CTL]+[Y]キーを押します。
 
この操作を行うことで、文章をコピーするのと同じイメージで仕訳行をコピーし、別の行に貼り付けることができます。