日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

6-2.年次繰越処理

年次繰越処理とは、翌会計年度のデータを作成し期末の残高金額を翌期首に繰り越します。
 
今期の期首から2年分の仕訳データを年次更新処理を行わずに入力することができます。
年次繰越処理は期末の決算数値が確定した時点で行います。
 
① 会社トップ画面から[年次決算]ボタンをクリックします。
 
②[年次繰越]をクリックします。
 
③「年次繰越」画面が表示されます。
「年次繰越」画面
 
④ 会計年度が正しく表示されていることを確認します。
 
⑤[仮更新]または[本更新]のどちらかを選択し、[実行]ボタンをクリックします。
 

[更新前の注意点]
 年次繰越処理には、「仮更新」「本更新」「本更新取り消し」があります。
 
① 仮更新
 期末残高を翌期首残高に繰り越します。
 会計年度は更新されないため、もとの年度の仕訳を修正することが可能です。
 また、仮更新は何度でも行うことができるため、前の年度の仕訳を修正して期末残高が
 変わっても、再度仮更新を行えば翌期首残高も修正することができます。
 
② 本更新
 期末残高を翌期首残高に繰り越します。
 会計年度も翌年度に更新されるため、前年度の仕訳データは一切修正できなくなります。
 本更新を行う前に仮更新を行って翌期首残高を確認し、その後期末残高が確定したら、
 本更新を行うようにしてください。
 
③ 本更新取り消し
 1年分だけ、年度を戻すことができます。誤って本更新をした時に使うようにしてください。

 

[繰越計算]
 貸借科目
  当期の期末残高が翌期の期首残高に繰越されます。
 
    翌期「繰越利益金」 =当期「繰越利益金」+当期「繰越利益剰余金」
   ※翌期「繰越利益剰余金」は 0円 になります。
 
 損益科目
  翌年度の期首残高はすべて 0円 になります。