日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

3-1.開始残高の登録

初めて仕訳を入力する時点の開始残高を登録します。
期首の開始残高だけでなく、期中から導入する場合の期中取引高も開始残高として登録することができます。
あらかじめ前期の決算書や導入時点の試算表などを用意しておきましょう。
 

1.開始残高の登録

① 会社トップ画面から[各種設定]ボタンをクリックします。
表示されたメニューボタンから[開始残高]をクリックします。
 
②「開始残高登録」画面が表示されます。
 
③ 勘定科目と補助科目の開始残高を入力する欄が表示されます。
 
「利用開始月」で期首月を選択した場合には、貸借対照表科目の「期首残高」欄のみの入力となります。
 
期中月を指定した場合には、貸借対照表科目・損益計算書科目・製造原価報告書科目が表示され、「開始残高」欄および「当月発生額」欄が借方・貸方別に表示されます。
表示を切り替えるには、[貸借対照表][損益計算書]及び [製造原価報告書] の表示をクリックして切り替えます。
「開始残高登録」画面
 
【期首月を選択した場合】

期首月を選択した場合

 

【期中の月を選択した場合】

期中の月を選択した場合
 
 

期中の月を選択した場合、期首残高と、期中の取引発生額の入力をおこないます。

 
 

④ 入力した貸借金額が一致しているかどうかを確認する場合は、[バランスチェック]ボタンをクリックします。
画面上部に貸方金額と借方金額が表示されバランスを確認することができます。
 

⑤ 入力が終了したら[登録]ボタンをクリックします。
入力途中で貸借が一致していない場合でも登録は可能ですが、集計資料を出力する前に貸借を一致させて登録してださい。
貸借が一致しないまま集計資料を出力すると、誤った開始残高のまま集計が実行されてしまいますので注意してください。
「開始残高登録」画面
 

2.開始残高の変更

開始残高を変更するには、変更する勘定科目の期首残高を再入力してください。
[全行クリア] ボタンをクリックすると、全ての期首残高を0円にすることができます。