日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

3-2.仕訳パターンの登録

仕訳パターンとは、入力頻度の多い取引仕訳のパターンを登録しておき、仕訳データ入力時に呼び出すことにより、入力の手間を省略できる機能です。
定型取引や給与の仕訳など頻繁に使用する取引を仕訳パターンとして登録しておきます。
 

【仕訳パターンの呼び出し】
登録した仕訳パターンは、「複合仕訳入力」「元帳入力」「通帳入力」画面の、パターンコードから呼び出すことができます。
 
・複合仕訳入力の場合
 決算整理仕訳パターン以外の仕訳パターンを呼び出すことができます。
 
・元帳入力の場合
 仕訳行数が1行:1行の仕訳パターンを呼び出すことができます。
 
・通帳入力の現預金入力の場合
 仕訳行数が1行:1行の仕訳パターンを呼び出すことができます

1.仕訳パターン登録画面の呼び出し

① 会社トップ画面から[各種設定]ボタンをクリックします。
表示されたメニューボタンから[仕訳パターン]をクリックします。
 
②「仕訳パターン登録」画面が表示されます。この画面から仕訳パターンを登録します。
 
③ 「PDF出力」ボタンをクリックすると、「仕訳パターン一覧」が [PDF形式] で作成されます。

「仕訳パターン登録」画面
 

画面は3分割されています。
 上段:仕訳を入力する前提条件を指定・表示する欄。
 中段:仕訳データを入力・変更・削除する欄。
 下段:借方・貸方の合計額やファンクションキーの一覧表示する欄。