日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

2-11. 消費税情報変更

消費税情報変更では、課税方式(原則課税や簡易課税)や主たる業務(簡易課税のみ)の変更を行う機能です。
仕訳や開始残高が登録済みでも変更できます。
【消費税区分】【勘定科目】【補助科目】【仕訳パターン】【仕訳データ】の変更が行えます。
 
※消費税情報の変更を行うと年次繰越の更新取り消しが行えなくなります。
 
①「会社トップ」画面の[各種設定]から[消費税情報変更]をクリックします。
 
②「消費税情報変更」機能の画面が表示されます。
 

1.課税方式を 「原則課税」 に変更します。(簡易課税の会社)

消費税情報変更画面
 
① 変更する原則課税の「方式」のラジオボタンをクリックします。
 
②[確認]ボタンをクリックすると、変更内容の確認画面が表示されます。
変更内容の確認画面
 
③ 確認画面が表示されますので[実行]ボタンをクリックします。
取り消す場合は、[キャンセル]ボタンをクリックすると、前画面に戻ります。
 
④ ポップアップ画面が表示されます。
ポップアップ画面
 
⑤ 変更を行う場合は、[OK]ボタンをクリックします。
取り消す場合は、[キャンセル]ボタンをクリックすると、前画面に戻ります。
 
⑥ 変更が終了すると下記の画面が表示されます。
変更終了画面
 
⑦[トップへ戻る]ボタンをクリックで 「会社トップ」画面に戻ります。
 
例:簡易課税の[第一種 卸売業]を原則課税の[個別対応方式]に変更した場合。
原則課税に[個別対応方式]に変更した場合