日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

3-5. 寡婦・寡夫控除の記入

寡婦・寡夫控除の対象

「寡婦控除」は、夫と離婚や死別をして、再婚していない女性が受けられる所得控除のこと。

一方、妻と離婚や死別をして再婚していない男性が、一定の金額の所得控除を受けられるのが「寡夫控除」です。
 
A様式を使った概要図
 

控除の対象は、その年の12月31日現在で、夫または妻と離婚・死別したあと、婚姻をしていない者で、扶養している子ども(他の人の扶養になっていない合計所得金額38万円以下の子ども)有無、合計所得金額は500万円以下となるなどの条件とその控除額は下表のとおりです。

なお、確定申告に必要な証明書はとくにありません。

 

koujohoka2

 

 

Point
老年者控除が廃止されてから一般の寡婦の対象になる人が増えています。

忘れないようにしましょう。

 

寡婦・寡夫控除については以下のように記入します。

 

寡婦・寡夫控除の記入
第二表では、該当項目にチェックを入れます。第一表には正しい控除額を記入します。