日本中の中小零細企業、個人事業主、起業を志す人のビジネスポータル

4-1.複合仕訳入力

4.仕訳データの削除

① 削除する場合は[削除]ボタンを押して入力モードを切り替えます。
 
<削除モード>
仕訳データの削除
 
② 「仕訳番号」欄に削除したい仕訳番号を入力し「Enter」キーを押します。
入力した仕訳番号に対応した仕訳データがフォーム上に表示されます。
仕訳内容を確認し、[F9 削除]ボタンをクリックします。
確認メッセージが表示されますので[OK]ボタンをクリックして削除します。
仕訳データの削除

 

5.複合仕訳入力の注意点

複合仕訳入力で表示される「エラー表示」画面について説明します。
 
Google Chrome 環境では「エラー表示」画面が下記の様に表示される場合があります。
 
「エラー表示」画面
 

チェックボックスに を入れると。ファンクションキーが使用できなくなりますので は入れないで下さい。
を入れて、[OK]ボタンをクリックした場合、一旦終了して再度ログインして下さい。